パリの雰囲気『カフェベーカリーPAUL(ポール) 』 - ルヴァンのおいしいパン屋さんへ行こう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグキーワード
  • No Tag
コメント(-)トラックバック(-)Edit

パリの雰囲気『カフェベーカリーPAUL(ポール) 』

paulpars.jpg
フランスの老舗ブランジェリーPAUL(ポール)
パリへ行ったとき、ところどころで見かけたパン屋さんです。
駅の構内にも空港にもあって朝早くからオープンしています。
電車に乗る前に電車の乗り換えに利用しているフランス人を多く見かけました。

東京駅八重洲口にある一際目立つ地上31階のガラス張りのビル
パシフィックセンチュリープレイス
その1階に「PAUL(ポール) 」があります。
PAUL(ポール)はパリを感じさせるパン屋さん。PAULの東京1号店。
天井が高く、木の椅子や机がお洒落なクラシックなパリの雰囲気のカフェです。



サンドイッチやオムレツ、サラダのメニューもありワインやビールと一緒にいただけるところがパリのカフェを感じさせます
ランチタイムには、タルトやガレットのパンとドリンクつきの
セットメニューがあります。

お店の奥にはおいしそうなパンやケーキが並んでいます。

paul_2.jpg



素材は生もの以外フランス本国から輸入するほど
こだわりのパン屋さんです。

どのパンを食べてもおいしいのですが、
今日はバナーヌを買いました。




■PAUL(ポール)
千代田区丸の内1-11 パシフィックセンチュリープレイス1F
TEL 03-5208-8418

おいしいお店 ランキング・・・
スポンサーサイト

タグキーワード
  • No Tag
コメント(-)トラックバック(-)Edit


おいしいパンの最新情報は
 こちら↓

ランキングに参加しています
にほんブログ村 グルメブログ パン(グルメ)へ
Copyright © ルヴァンのおいしいパン屋さんへ行こう! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
[PR]短期間で脚やせに成功!40代主婦ダイエット体験記[PR]mama's cafe
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。